定時退社で早上がりアピール

株式会社堺整骨院西 代表取締役 渡辺淳一氏

定時退社が注目されている中、企業としては、業績 UP も実現する必要があります。
そのため、必要以上に定時退社や週休2日などの働き方改革を制度化することに対して少なからず抵抗を感じる企業があるのも事実です。

しかし、企業が働き方改革を行うことは、中・長期的に見て、多くのメリットがあります。
その一つとして、人件費の削減があります。定時退社により、これまで残業代として支払っていた人件費の削減につながります。労働時間が短くなる事で、人件費が削減されて、利益率自体をそのまま維持できる可能性は、十分にあります。

では、どのように定時退社をはじめとした働き方改革を実現すれば、いいのでしょうか。
それは、「オペレーションの中でデータが自動的に収集出来る」という事です。

集計作業に電卓や Excel などを使っていたり、数値分析する為のデータ入力に時間を取っている企業はとても多いです。

その様な企業の多くは、月額の使用料などの費用だけに目がいきがちで、他業種のアプリやシステムを使って、結果的に無駄な費用を使ったり、投資の費用計算がわからず、結果的にオペレーションが改善されないケースがほとんどです。

業界のオペレーションを基に開発されたシステムを使用する事で、必然的にオペレーションが改善・構築されることにより、業務効率化し、定時退社を実現しましょう。

まずは、紙ベースからでは、POS 機能(集計機能)がついている一体型システム「スリーズプロ」のようなシステムを導入する事が重要です。

一体型システム「スリーズプロ」は、予約システムだけでなく、POS 機能・CRM 機能・電子カルテ・WEB 集客などの様々な要素が複合的につまっております。

時代の変化に対応出来る整骨院・鍼灸院・整体院が生き延びていく時代が来たと確信しております。

業務に関わる様々なシステムを見直しませんか

お問い合わせはこちらから

株式会社スリーサイズ システム事業部

受付時間 10:00~17:00(土日祝・年末年始休み)

info@three-sides.co.jp